本文へスキップ

田中電気株式会社は産業用機器の設計・制作、医療用特殊ベッドの製造・販売をおこなう会社です。

TEL. 075-701-6009

〒606-8202 京都市左京区田中大堰町52-2

ナースラック自動患者移送装置

新着情報

2018年2月
2018年2月21〜23日にインテックス大坂にて開催されました医療・介護総合EXPOへ出展致しました。

皆様のおかげをもちまして盛況のうちに展示会を執り行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。

詳しくはプレスリリースをご覧ください。
2012年2月
ナースラックが新しくなりました。


●プッシュボタンを押すだけで、患者さんの体位を変えずに移しかえることが可能です。

●単独で、迅速に、そして、労力も少なく、どのような患者さんでも移送させることができます。






ナースラックの特徴

らくらく乗せ換え

人手による患者さんの移し替えで起こる持ち上げ引っ張りなどによるショックがありませんので患者さんに苦痛を与えません。

使いやすさ

コントロールボタンは軽量で、しかも片手で操作できるコンパクトサイズで、非常に使いやすくなっています。

スタッフへのメリット

患者さんを持ち上げたり、引っ張ったりすることが無いので、患者さんの移送時のナースへの身体的な負担が無くなります。

広範囲な利便性

肥満体や昏睡状態の患者さん、またはギブス使用や他の装置を取り付けた患者さん等、どのような状態の患者さんにも負担をかけずに使用できます。

省力化

従来は4〜5人のナースの手を借りて行っていた患者さんの移し替えが、一人のナースで行えますので、大きな省力化が期待できます。

快適移送

患者さんの移送時に起こるいろいろな困難を解消します。


ナースラックの利用部門

○放射線部門 (血管撮影、CTスキャン、放射線治療)
○救急部門
○ICU・CCU
○手術室・リカバリー室
○病棟部門
○整形外科


特定疾患治療施設

熱傷センター       

皮膚移植患者のデリケートな搬送のために。

リハビリテーションセンター

からだの不自由な人の搬送に。

がんセンター

激しい苦痛を伴う患者の場合は、通常搬送も特別の注意を要求されます。

脳外・脊髄損傷センター

術後の患者は体位を変えることができない場合が多く、注意が必要。

下のイラストはバッテリー駆動方式のナースラックが、いかに素早く、かつ効率的に患者をベッドからほかの手術台へ、移しかえることができるかを示したものです。
@ 
 A
B 
まず最初に”UP”または”DOWN”ボタンを押し、ナースラックの高さを調節し、次に”BELT OUT”を押し、表面シートを患者の背面に潜り込ませます。  ”PATIENT IN”ボタンを押してナースラックの上に患者を引き寄せてきます。  患者をナースラックの上に乗せ、目的場所まで運び、そこで移しかえるベッドと@と同様に高さの調節をします。
次に”PATIENT OUT”ボタンを押し、患者をベッドのほうへスライドします。

最後に”BELT IN”ボタンを押すと、表面シートだけがナースラックに戻ってきて患者の移しかえが完了します。

主な仕様

 最低にしたときの高さ(移送面)  650mm (特注による寸法指定も可能)
最高にしたときの高さ(移送面)  880mm (特注による寸法指定も可能)
全 長   2,192mm
 全 幅  810mm
 自 重  215Kg
 最大荷重  150Kg
 電 源  24Vバッテリー方式
 充 電  100〜110V(50/60Hz)で放電状態より充電まで約8時間
 キャスター  150mm、4輪ブレーキ付
 バッテリーランプ  バッテリーの状態を知らせるランプ付
 移送面  テフロンコーティング ナイロン製
 オプション  患者固定ベルト
 その他ご希望に応じてオーダー可能ですので詳しくはお問い合わせください。
 付属品 点滴棒×1
酸素ボンベラック×2
充電用ACコード×1
カタログをダウンロードする(日本語)
Nurseluck catalog (English)

バナースペース

田中電気株式会社

〒606-8202
京都市左京区田中大堰町52-2

TEL 075-701-6009
FAX 075-701-6049



ナースラックの特徴

ナースラックの利用部門

主な仕様